アンビシャス城東スクール

教育理念

アンビシャス城東スクール


個の教育

一人ひとりにベストな方法で、お子さんの才能を無理なく最大限に引き出す!

勉強を楽しむ・好きになる

.楽しんで課題に取り組む積極性と基礎学力を育む。
 圧倒的なアドバンテージに裏付けされた自信とプライド、そして
自ら本に手を伸ばし物事を達成していく姿勢と喜びを身につけます。

タフな人間力を鍛える

すべての学力の基本は国語力。
国語力とは語彙力・論理思考力・共感力・表現力などの総合的な力
楽しく学習しながら同時に豊かな感受性と人を思いやる心
そして自立した逞しい人間力を育み
次世代のリーダーを育てます

塾長あいさつ

ゆとり教育の弊害が指摘され、教科書はすでに厚みを増しつつあります。しかし、実際の教育現場は?というと、そう簡単には変われません。なかなか上手く立ち行かないのが現状なのです。もちろん、現場の先生方は一所懸命体を張って指導されてますが、現実は二極化が進んでいます。発達度も、育った環境もモチベーションもまったく異なる大人数を同じカリキュラムで一斉指導していくという、明治以来の学校システムが破綻しつつあるのです。

何故でしょうか?

大きくは3つあります。

一つめは、欧米列強に追いつけ追い越せをスローガンに掲げて来た明治開国以来の価値観の崩壊です。
豊かな中で生まれ育った今の子供たちには「何故勉強するのか?」がピンとこない。 かつては自明だったこの問いに対する答えを真正面から答える指導者が周りにいないのです。
教育現場において、モチベーション作りこそが最大の課題ですが、誰も答えを出してくれない。

二つめは、今の子供たちの遊びの場の状況にあります。以前は近所の空き地や公園などで地元の大人たちが見守る中、いろんなルールを子供たち自身が決め、創意工夫やお互いに意思疎通しながら毎日遊んでいました。この遊びが子供たちの発達を促す重要な要素だったわけです。
身の回りには自然も多く残され、探検ごっこが自然科学の世界への入り口となっていたわけです。都市部では、こういう場がなくなってかなりの年月が経ちます。

三つめは、子供たちが言葉と接する機会、特に長文と接する機会がかなり減ってきていることです。長時間落ち着いて本を読めない、あるいは、じっくり腰をすえて考えられない子が増えつつあります。算数で文章題になった途端、(どんな短い文章でも)手も足も出ない、何を聞かれているのか分からないことが本当に多いんです。文章に対する耐力と論理力が不足しているのです。

こんな状況の中、大集団での一斉指導スタイルにはやはり限界があるのです。

しかし、子供たちには(もちろん私たち大人にも)未来があります。どの子にも必ず、やれば伸びる可能性が秘められています。
この可能性を一つ一つ丁寧に引き出し極限まで伸ばして生きたい、一人ひとりに最善を尽くしたい、私自身二人の子供を持つ親として、そういう思いからアンビシャス城東スクールは生まれました。

子供からお年寄りまで、誰もが学ぶ楽しさを知り、「やればできる」という自信をつけてもらい、「何のために勉強するのか?」その志を持った人物を社会に輩出していくための場を地域に提供するために作った、まったく新しいスタイルの私塾です。

自ら学び考える楽しさを体得できたとき人生が変わる、そうは思いませんか? ぜひ、私と一緒にお子さんの可能性を真剣に伸ばしてみませんか?

代表:プロフィール

氏名

斉藤 紀成(さいとう のりあき)

略歴

1972年生まれ
1996年 京都大学工学部航空工学科卒業
1996年 (株)日産自動車勤務
1997年 医歯学部進学予備校メビオ(旧アレフ)勤務
2001年 京都大学大学院情報学研究科修了
2001年 類塾勤務
2007年 アンビシャス城東スクール 開塾

大学院では、応用数学、特に気象の数値予報モデルに関する研究を行う。
第一種高校教諭免許(数学)取得
類塾時代には、脳力養成講座の開発などにも携わる
公務員試験の予備校での指導実績もあります。
灘中・東大寺学園・六甲中・四天王寺中・大阪桐蔭・開明中
同志社香里・関大一中・関大北陽・近大附属・常翔学園
北野・天王寺・大手前・茨木・四條畷・市立東高校
など指導実績多数。

斉藤 紀成(さいとう のりあき)
マイベストプロバナー.gif

→ お問い合わせはこちら アンビシャス飛び級特進スクール城東校 06-6932-8787